ドライブレコーダーとは


ドライブレコーダーの人気商品はこちら


イザという時に役立つドライブレコーダー!

ドライブレコーダーとは

 

ドライブレコーダーとは、車の運行の情報を記録するレコーダーのことです。

 

 

 

記録される情報
  • 車の位置
  • 速度
  • 加速度
  • 映像

 

 

ドライブレコーダーを付けた車は、
交通事故が起こったときに事故の様子を映像として残すことができます。

 

 

また、事故の内容を数値で解析できると期待されています。

 

 

急ブレーキをかけたり急ハンドルをした場合には、
その記録が残ってしまいます。

 

 

ドライブレコーダーが運動の記録を残すため、
危険な運転を少なくすることにつながるのではないかとも期待されています。

 

 

実際に、国土交通省の調査からドライブレコーダーを車に搭載することは、
事故を防止する一定の効果があることが分かっています。

 

 

事故を少なくするという効果だけではありません。
交通事故を起こして裁判になった時に役立つこともあります。


ドライブレコーダーで事故トラブルを防ぐ

 

事故が合った場合、当事者同士の主張が食い違うことがあります。

 

 

例えば、

「2つの車が交差点で衝突した時に、信号無視をしたのはどちらか?」

というケースがあります。

 

 

そんな時にドライブレコーダーに残った映像が決め手となって、
交通事故の処理がスムーズに進むことがあります。

 

 

飛行機の事故が起こった時にフライトレコーダーの記録が
原因解明に使われることがありますが、
ドライブレコーダーはそれと同様の働きをします。

 

 

ドライブレコーダーの記録が交通事故の裁判において
証拠として使われる事例も増えています。

 

 

ただし、ドライブレコーダーの画像を改ざんすることも可能なので、
その記録が裁判の証拠として認められない可能性も指摘されています。

 



スポンサードリンク