ドライブレコーダー 価格差


ドライブレコーダーの人気商品はこちら


安いドライブレコーダーは映像の質に注意

 

価格差は、その製品の機能や画質などによって変わります。

 

 

例えば簡易型と呼ばれるドライブレコーダーは簡単に取り付けることができますが、用途としては車の前方の様子を撮影することぐらいです。

 

 

数千円で購入することもできますが、
安価なものだと映像の質が悪く、事故などの際に映像が
きちんと見れないといったケースもあります。

 

 

これではドライブレコーダーを設置した意味がありません。


映像を録画する以外の機能の差は?

 

映像以外の機能
  • 加速度
  • ブレーキ
  • 方向指示器
  • GPS

上記の記録がされるドライブレコーダーなら、その分価格も高くなります

 

 

GPSはカーナビゲーションにも使われているシステムで、
軍事用に開発された人工衛星を使って位置を特定することができます。

 

 

GPSが搭載されている機種は価格が高いですが、
それだけのメリットがあります。

 

 

正確な月日、時間、場所が記録されるので、
交通事故などの時に正確なデーターを残すことができます。

 

 

このように、一般的にドライブレコーダーの価格差は
機能や画質の差だといってもいいでしょう。

ドライブレコーダーをセキュリティーグッズとして考えてみる

 

車の運転をする時のセキュリティー用品は安いもので数千円、高い物で数十万円です。

 

 

セキュリティーグッズは、自分の安全のために必要だと思えば高くても買う価値があります。

 

 

ドライブレコーダーもそういった車の
セキュリティーのための製品として考えることができます。

 

 

ドライブレコーダーの一般的な機能としては、
交通事故を起こした時の記録映像を残し、その後の事故処理などに使うことができます。

 

 

自分の過失がまったくない状況での事故でも、それを証明することができないと
多少の過失割合をかせられることがあります。

 

 

こんな時、映像が証拠となれば事故後の余計なトラブルを防ぐことだってできます。

 



スポンサードリンク